らくなん談話室



カテゴリ:[ スポーツ ]


119件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[128] 奥穂高岳南稜続き

投稿者: 風来坊 投稿日:2019年10月12日(土)14時22分8秒 M014010133161.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

沢を詰めていくと、雪渓に来ます。雪渓の上をアイゼンをつけて歩いたり、雪渓の下を歩いたりして、取り付き点に来ます。見事な柱状節理の大岩壁が屹立しています。滝沢大滝です。その左のルンゼを登っていきます。




[127] 奥穂高岳南稜

投稿者: 風来坊 投稿日:2019年10月 1日(火)21時30分18秒 M014010133161.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

9月7日(土)に奥穂高岳南稜のバリエーションルートを登ってきました。花山人夫妻とクニさんで。ルートは、岳沢小屋の横にある沢を詰め、そのあと、急なルンゼを詰め、懸垂下降や藪漕ぎをして、そのあと、岩稜帯に入り、トリコニーを通過して、奥穂高岳直下のつり尾根に出るルートです。終了点に出ると、何度見ても見飽きない展望が広がっていました。写真上=トリコニーを越えたところから、トリコニーと明神岳 写真中=ジャンダルム 写真下=槍ヶ岳



[126] 赤石岳~聖岳縦走 その2 訂正

投稿者: 風来坊 投稿日:2019年 9月30日(月)13時58分50秒 M014010133161.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

写真の説明が間違っていました。写真上=富士見平からの赤石岳、ピークは左 写真中=タカネビランジ ピンクもあります。 写真下=中盛丸山と聖岳(左) です。



[125] 赤石岳~聖岳縦走 その2

投稿者: 風来坊 投稿日:2019年 9月30日(月)13時55分5秒 M014010133161.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

2日目の宿は 百間洞山の家 揚げたてのとんかつ定食=うまかった 大井川の支流の一つの源流部 水は冷たく、きれい。体を拭けてさっぱり。写真下=富士見平からの赤石岳・左のピーク 写真中=中盛丸山と聖岳 写真上=タカネビランジ ピンクもあります。



[124] 富士山

投稿者: 風来坊 投稿日:2019年 9月28日(土)14時34分12秒 M014010133161.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

ちょっと古くなりましたが、8月7日~11日まで、らくなん山の会の山行で、赤石岳~百間洞~聖岳と縦走しました。天気に恵まれ、気持ちよく歩けました。その時に、写した富士山の写真です。




[123] 9月7日 奥穂高岳南陵

投稿者: 花山人 投稿日:2019年 9月 9日(月)11時43分26秒 i220-99-135-183.s41.a026.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用   編集済

今回のメインの企画です。岳沢小屋から前穂高岳へのルートすぐの、滝沢を登っていき、雪渓の上から取り付きます。写真1の真ん中のルンゼを登ります。やがてルンゼが3つに分かれ、我々は左を取りましたが、結局突き当りで右の草付きへ15mの懸垂をしました。右のルンゼの方が良かったみたいです。そこからさらに登り、トリコニー(鋭峰)を1峰、2峰と越えていきます。写真2はトリコニーを登っています。写真3は越えてきたトリコニー。越えるときに1カ所、ちょっと微妙なバランスの登りがあり、緊張しました。もちろん後続にはロープを出しました。結局、2カ所ロープで確保し、2カ所懸垂がありました。11時半に終了。天気良く、気持ちよく、完璧な登攀ができました



[122] 9月6日 畳岩中央ルンゼ

投稿者: 花山人 投稿日:2019年 9月 9日(月)11時41分20秒 i220-99-135-183.s41.a026.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用

6日、早朝に上高地に入り、そのまま岳沢まで2時間半。畳岩下部へ,天狗のコルへの道を登る。取付きは雪渓の上から。写真①の雪渓の上のルンゼがルートです。写真②の様なルンゼを登ります。結局ルートの2/3を登って、時間切れで撤退しました。左の方に天狗のコルへの道があるので、そちらに下り気味に移動し、終了しました。写真③は畳岩の名前のいわれでしょうか?このような逆層スラブの岩壁です。ボロボロで、岩が簡単に剥がれたりして、怖かったー



[121] 北海道 恵庭岳

投稿者: 風来坊 投稿日:2019年 8月22日(木)09時58分5秒 M014010133161.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

8月1日(木)は恵庭岳に登りました。楽しいことはあっという間に過ぎてしまいます。10日余りの北海道の山旅も、今日が最終日。夜には苫小牧東港から船に乗ります。港から近くの山ということで、恵庭岳に登りました。支笏湖のそばにある山で、1319・7mあります。ほとんど展望はありません。第二見晴台から先は、登山道崩壊のため立ち入り禁止です。上部では、急斜面に長いロープがつけられていました。



[120] 北海道 アポイ岳

投稿者: 風来坊 投稿日:2019年 8月21日(水)17時20分57秒 M014010133161.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

7月31日(水)はアポイ岳に登りました。標高810mの山で、お花で有名で、アプローチもよく、たくさんの人が登っています。5合目の避難小屋を過ぎると、岩稜が出てきます。同時に、お花も増えてきます。今回は、キンロバイ、イブキジャコウソウが目立っていました。周辺はユネスコジオパークに指定され、環境保護の活動が活発に行われています。写真の花は、キンロバイ



[119] 北海道 釧路湿原

投稿者: 風来坊 投稿日:2019年 8月20日(火)15時20分46秒 M014010133161.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

7月30日(火)は移動と観光です。風来坊の行ったことのない、釧路湿原に行きました。釧路市湿原展望台に車を置き、遊歩道を歩きました。湿原が展望できるところがありました。次に、温根内ビジターセンターに行き、遊歩道を歩きました。ホサキナデシコなどいくつかの花が咲いていました。


レンタル掲示板
119件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.