一週間生キ残レ。



カテゴリ:[ アニメ/マンガ ]


2件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[2] 世界観や用語について。

投稿者: 八重 投稿日:2017年12月18日(月)21時42分40秒 softbank126224159204.bbtec.net  通報   返信・引用   編集済

[世界観]
眼が覚めると,其処は見慣れた街の遊歩道の真ん中.見慣れた筈の街並みなのに何処か違和感を感じつつ,貴方は起き上がる. ふと、何時の間にか手に握っていた黒いバッヂ.貴方は其れを不思議に思いつつ片手間に遊ばせる様に上に放っては掌に落とした.すると,人々の考えが頭の中に流れて来た。
戸惑う貴方の元に、持っていたスマホにメールが届く.その内容は、"ミッションをクリアしなければ貴方の存在が消える"という様な内容のものだった。掌には痛みと共に、タイムリミットまでの時間を知らせる数字が並ぶ。仕方なく貴方は、行動を開始せざるを得なくなったのだった…

…既に貴方達は死んでいます。しかし、この死神のゲームを一週間生き延びれば、生き返らせて差し上げましょう。

[死神のゲーム]
UGで行われるコンポーザーが人間の価値をジャッジする為のゲーム。ゲームの参加者はみなRGで死亡した人間であり、エントリー料を払って参加する。開催期間は7日間。ゲーム内容は「ゲームマスター」と呼ばれる死神から1日1回出されるミッションを制限時間内にクリアするというもの。ミッションはノイズ退治から特定の出来事の解決等様々。
ミッションは誰かがクリアすれば他の参加者もクリア扱いとなるが、ミッションのクリアはジャッジの採点に大きく関わる為なるべく自分がクリアしたほうがよい。また、7日目はゲームマスターが参加者に手を出せるようになる。
ゲーム終了後、指揮者とコンポーザーで参加者を採点し、生き残った参加者に最終的な判断を下す。ジャッジにおける点数が低い者は消滅、高い者は死神になることも、生き返ることも可能。
また、ゲームに引き続き参加することもできる。

[謎のバッヂ]
髑髏の様な模様の描かれた黒いバッヂ。
上に軽く放り、掌に落とす事で周りの人々の思考を読む事が出来ます。
勿論ミッションクリアに必要な事もあります。
但し、参加者同士の心は読めない。

[UG・RG]
アンダーグラウンド・リアルグラウンドの略称。UGは死神のゲームを行う空間であり、RGは現世。UGの人間はRGの人々を見ることができるが、RGの人間がUGの人間を見ることは通常はできない。ただし、両方の世界は物質的に物を動かすなどのある程度の干渉が可能である。例外として、髑髏マークのステッカーが貼られた店では実体化することができ、買い物が可能となっている(そのため、店員は相手が死者だとは知らない)。

[ノイズ]
参加者を襲う化物。例外なく動物の姿で現れる(空想上の生き物を含む)。
全てのノイズには共通して体の一部がタトゥのような形状になっている。ノイズには大きく分けて3つの種類に定義することができ、死神が製造したり人々のネガティブ感情から自然発生した「通常型」、特殊なサイキックを用いて製造された「禁断型」、幹部クラスの死神が変貌した「変異型」に分けられる。また、例外的に禁断型だけは死神の事も襲う。禁断型は通常型より強い。

[エントリー料]
ゲームに参加する際死神に徴収される自分の一番大切なもの。
エントリー料はゲームに勝たなければ没収(消滅)されてしまう。また、ゲームに引き続き参加する際は新たにエントリー料を払う。

[指揮者]
死神のトップに立つ者。その権威はコンポーザーに次ぐものだが、ゲームマスター代行を指名したり幹部に直接命令できることから、事実上のトップとも言える。ただし指揮者のみで参加者を復活させることは不可能である。コンポーザーとコンタクトをとることができる数少ない存在でもある。

[コンポーザー]
UGの管理者。その力は圧倒的でありRGでもある程度は能力を使うことができる。UGのルールを決定する権利を持ち、UGはコンポーザーの決定した絶対的なルールで構成され、コンポーザーの不在はUG崩壊と同義であるととれる。
また、死神と違い、RGでもある程度特殊能力の行使が可能。コンポーザーの交代はコンポーザーが倒された時にだけ発生し、コンポーザーを倒した者が新たにコンポーザーの座に就くことができる。

[エマージェンシーコール]
UGに緊急事態が発生した時のみ死神内に発令される緊急命令。
これが発動されたときのみ、全ての死神が参加者に直接手を下せるようになる。



[死神について]
参加者をUGに閉じ込め、ノイズを使い次々にミッションを出す謎の組織。
また、死神組織内には下記の人物の他にも下っ端として現場で活動している者が大勢おり、それらは補助部隊・戦闘部隊という様に分けられて各自の活動を行っている。
下っ端の死神らは、ゲームの参加者にミッション内容を伝えに来る時以外は自由に活動することが多い。
ミッション自体も、その場の思いつきで決めたり私情のみで一方的に開始するなどかなりアバウト。 また、幹部クラスの死神は特殊能力を有している模様で、戦闘時にはノイズ化することがある。
幹部の死神は指揮者含めて計六人。交代でその週のGMを務めるが、最終日に倒されればその分,下の位の死神が昇格する。
背中にはタトゥー状の羽が生えており、この羽がないと死神の力は行使できない。RGでは、羽が消えるため死神としての能力がなくなりただの人間と同等になる。
因みに死神側の人は本部屋では"一度ゲームに参加した後死神になった"設定です。

[その他]
参加者、死神問わず、同じチームの人や元々関わりがあった人達は知り合いです。


URLに元ネタ すばらしきこのせかいの公式サイトを添付。

http://www.square-enix.co.jp/subarashiki/




[1] 掲示板が完成しましたキラキラ

投稿者: teacup.運営 投稿日:2017年12月18日(月)21時01分8秒 softbank126224159204.bbtec.net  通報   返信・引用

ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。


レンタル掲示板
2件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.